緯度を測った男たち

-18世紀、世界初の国際科学遠征隊の記録-
著:ニコラス・クレーン
訳:上京 恵
原書房(2022/05)
ISBN:9784562071814

長さの単位は地球が基準となっている。物理学的に光速度のように宇宙普遍なモノでは無いことから、何らかの方法で(取り敢えず)定義する必要があった。
フランス革命の熱気で世界の統一基準を策定する機運の高まりの一環で決定されたメートル原器1m長から(逆に)光速度が、現在示されている。
ドゥランブルとメシェンの測量の結果、1800年に「1m」が定義された、ことは
2007.08/07に、「万物の尺度を求めて」の書評で記している。

本書は、それ以前に地球の外形の形態について、
ニュートンが唱えた「扁平楕円体」
デカルトが唱えた「偏長楕円体」
を実測・決定するために、1735年から1743年まで、南米で苦闘したフランス人の物語。

筆者は、南米旅行の経験はあるものの(新型コロナの影響下)本書の資料は殆ど書籍・雑誌・ネットから得たと述べている。

測量隊の一員:ラ・コンダミールが、エクアドルの赤道:緯度0度に到着を記念して石碑を建てた(p61)
とある。残念乍ら、グーグルストリートビューでそれをアップしている人は居ないようだ。

悪天候で測量が滞る中、天然ゴムやマラリアの特効薬を欧州に紹介する功績(p165)
もあったが、
奇妙な装置を持って荒涼たる山の高みへと何度も登る人々の行動(p167)は、金銀鉱脈秘密調査疑惑を持たれてしまい、貴重なデータを記した手帳を盗難される等の人的被害にもあった。

結果的に「地球は扁平楕円体」であることは証明できたが、フランス人測量隊の面々のアクの強さが逆に足を引っ張った傾向にあることを伺わせるのは、著者が英国人のためもあるかも・・・