エレコムのBTマウスM-BT20BB、電池払底

付属電池切れ警告が頻発したためアラーム発出停止していたが、やっと電池が無くなった。
使用中、マウス矢印動作が切れ切れになり、LEDを見たら、発光状態が点滅状態になっていた。

BTマウスは、電池切れ=動作不能になるのが即分かるので、電池電圧低下アラームは全く不要である。
単四型エネループ電池と交換。

PC再インストール

(望んでいないBitLockerのお蔭で)起動時にエラーが発生するようになったPC。
数回、ブルースクリーン/修復画面/再起動を繰り返した後、奇跡的に正常起動した。
急いで、「ドキュメント」内の中身を全コピーして、システムの再インストールを実施。
正常起動後、「設定」中の“デバイスの暗号化”は、いの一番に解除した。

それにしても、「予備系」を保持することの重要さを思い知った。
ま、予備系があってもうまく切替できないシステムもあるようだが・・・

PC不調

f:id:fourvalley:20201018111000j:plain

DELL G3 3500だが、DELLのシステムユーティリティで何気なくBIOSアップデイトしたら、嵌まった。
(BitLockerを事前に設定した覚えはないのだが、)再起動時にBIOSアップデイトに失敗した挙句、
>BitLockerが<有効>なシステムでBIOSをアップデートする場合、以下に注意してください。
>警告: BitLockerが中断されていない場合、次回のシステム再起動時に、BitLockerキーが認識されません。
ということで、数字:48桁を入力するよう、突然、求められた。

その数字は、
・システム正常時にコントロールパネル経由アクセスできるらしく、
・事前設定した覚え無く、
・システム不調時には当該PCでは確認不能

幸い、予備PCのLatitude5285から、マイクロソフトの「BitLocker 回復キー」ページにアクセスすることで当該番号を得ることができた。
更に、Dell OS Recovery Toolをダウンロード。
いきなり不調になったので、ユーザデータが最新でなく、リカバリツールにて100GB程臨時に退避中。

これは、Latitude5285からの入力。

メタルラック棚板

f:id:fourvalley:20201017062205j:plain

経時で錆が来たメタルラックをサビキラーPROで補修する作業はほぼ終わった。
200g入りを必要の都度買い足したので、結局5個ほど購入したか・・・
メタルラック内の収納物の棚卸も同時に行って、不要物を処分した。
空間ができたのでラック棚が必要になり、最安のヨドバシカメラ通販で購入。
アイリスオーヤマのMTO-7535T [メタルミニ棚板 幅約75×奥行約35×高さ約3.3cm]
1,338円
幅約75×奥行約35、ということで、現状のルミナスと組み合わせた。やはり、詳細寸法が相違していたが、最上部になんとか装着することができた。

NF回路設計ブロック

f:id:fourvalley:20201016095139j:plain

写真は、グーグルストリートビューから。本社屋はここではない。
東海道新幹線沿線徒歩旅行の折に脇を通過していた。
(そのときには写真撮影を失念していたので、グーグルから引用。)
当該社には、1980年代新電電営業時代に専用線売り込みに訪問したことがある。
拠点的に専用線需要は無い・・・と断られた。

が、やや懐かしく感じられた

実験用直流電源の修理

f:id:fourvalley:20201015095938j:plain

NF回路設計ブロック製の直流電源PD252T、45年前くらいの製品。
暫くぶりに使用しようと思ったら、電圧が思ったように出ない。
電解コンデンサの容量抜けが疑われるので、全数交換。
本体内の電解コンデンサが大きい。年代を感じる。
電源コードにも問題あり、交換。
電力制御用TRが2SB250というところに時代を感じる。
エヌエフの社内でもこのような製品があったことを知る人はもう居ないのではないかと思う。

f:id:fourvalley:20201015100006j:plain



動物感覚

―アニマル・マインドを読み解く-
著:テンプル・グランディン/キャサリン・ジョンソン
訳:中尾 ゆかり
NHK出版(2006/05)
ISBN:9784140811153
著者:テンプル・グランディンは、オリヴァー・サックスの著書:「火星の人類学者」で、自らの立ち位置をそのように説明した自閉症でありながら優秀な動物学者。
本書は、自閉症の人が自分の目で動物を観察し、自閉症であるがゆえに知り得たことを動物学者の立場から述べた点がユニークと言える。(p441)
動物と自閉症の人は、前頭葉皮質のはたらきが弱いことにより、ある種の専門化された能力がそなわっている(p349)
進化は恐怖の学習を頭にたたきこむことで、この問題を解決した。きわめて情動的な学習はすべて(中略)だから、1996年以前に生まれた人は、2001年の9月11日にどこにいたかをぜったいに忘れない。(p280)
動物と人間は「確証バイアス」と学者が呼ぶものを、生まれつき持っている(中略)確証バイアスが組みこまれているために生じる不都合は、根拠のない因果関係までたくさんつくっているしまうことだ。迷信とは、そういうものだ。(p135)

著者が因果関係を勘違いしていると思われるところ・・・
ホリーは、スイッチの入っていないラジオが受信している微小な送波を聞くことができる
という下り。
ラジオ局は複数あるので、「選局」をする必要がある。その機能はラジオ電源が入っていないと働かない。おそらく、近隣の「動作中のラジオの音声」を聞き取ることができる・・・ということであろう。

競り市で豚を盗んだ犯人がばれた仕組み(p148)の説明は、理解できなかった。