グラハム・ベル空白の12日間の謎

―今明かされる電話誕生の秘話-
著:セス・シュルマン
訳:吉田三知世 
日経BP社(2010年9月27日)
ISBN:9784822284398
電話の“発明者”アレグザンダー・グラハム・ベルは、特許件出願時に競争相手:イライシャ・グレイよりも数時間早かったため、その特許権が認められた・・・という人口に膾炙している“物語”が虚構であったことを述べた本。
本書ではその「電話器」自体、更なる先行者:フィリップ・ライスが居た・・・ことまで解明する。
発明発見物語には、“ニュートンのリンゴ”とか、後日の人々によって捏造された尾ひれがつくことが多い。
飛行機の発明者においても、ライト兄弟の“ライトフライヤー号”が皮切りとされるが、近年日本で試みられたレプリカ製作では、風洞実験結果:実飛行不可能、のためプロジェクト中止になったと聞いている。
世界初という点については、グスターヴ・ホワイトヘッドによる1901年8月の初飛行が世界初であるということがウィキペディアにも掲載されている。
ベルもライトも競争者から技術を剽窃したと思われる。
なぜそうしたか、また、そうしなければならなかったか・・・について資本主義米国の社会がそう為さしめた、という感想を得た。

歴史というものは、常に挑み、問いたださねばならないということである。この点で妥協すれば、世代から世代へとささやかれる歪められた物語を暗黙のうちに受け入れてしまうことになり、(中略)「伝言ゲーム」のような状況に陥ってしまうだろう。p312

p26、4行目及びp29最終行の“感心”は、「関心」であろう。

オイル交換

3か月毎にビッグモーターでオイル交換をしていた。
車検の事前予約という形式で、強制ではない・・・
という条件だった。
しかし、結局、車検は、(リコールで)検査料がスズキ本社持ち:その分の出費無し、ということだったのでディーラで行った。
ということで、もうビッグモーターには行けなくなった。
たまたまネット広告にコバック越谷店が安くする、とあったので出かけた。
250円。
交換中の写真撮影は拒否されたので、交換後の公道から。

f:id:fourvalley:20191213170227j:plain

帰宅後、ハンマーオイルを適宜注入。

イオンラウンジ

f:id:fourvalley:20191212062307j:plain

後継カード選定中に、現在所有のイオンゴールドカードセレクトの利用者案内に「イオンラウンジ」なるものがある・・・ということを初めて知った。
そこでイオンモールに行く機会があったので、コーヒー休憩してきた。

クレジットカードのポイント付与制度終了案内

現在利用中のクレジットカードポイントシステム終了する案内が来た。
2020年3月末日:ポイント付与終了
2020年6月末日:ポイント還元申込締切日
2024年2月末日:カードそのものが消滅
後継カードを検討しなければならない。
ざっと調べた結果、以下の条件を全部満たす「これ一枚」というものはないようだ。
・無料
・1%ポイントキャッシュバック
・家族カード無料
ETCカード無料
・海外旅行傷害保険
今回プラスした検討条件は、
・“R”マークのカードは検討対象外
JCBカードも検討対象外
となると、複数カード使い分け方式とならざるを得ないのか・・・

プラグ抜け止め

f:id:fourvalley:20191210081245j:plain

クルマの電装供給系の大本の対策をしていなかった。
走行時の振動でこちらのシガープラグ方が緩んで、接触が失われる可能性が高かった。
以前は、太めのゴム輪を使っていたが、それではどうしても劣化する。
ボールチェーンできつめに締めた。