病の皇帝「がん」に挑む

-4000年の歴史-
著:シッダールタ・ムカジー
訳:田中 文
早川書房(2016/06)
ISBN:9784150504670/9784150504687
一昔前、「がん」は不治の病であり、病院内では(患者に秘するために)キャンサー:CancerのCAをドイツ語読みした「ツェーアー」が隠語で用いられていた。
症状顕在化後、患部が早期発見できれば摘出手術し、予後体内移転が無ければ良し、体内移転があれば座して死を待つ・・・というような扱いであった
一口に「がん」と言っても、発生状態は多様で、特効薬は無く、一般人には分かりづらい。
(薬を飲めば直る、という疾病はかなりの功を奏し、)ヒトの寿命を延ばすことで、がんを覆っていたベールを取り去った 上巻p80
本書は、人類の過去の「がん」とその対応を歴史的な観点から説明し、ピリッツアー賞を得ている。
がんに対しては、歴史的に、手術と化学療法と放射線療法とホルモン療法と分子標的療法更にはゲノム療法がなされてきた 下巻p328
特に乳がんに対しては、
根治的乳房切除術が主流だった(中略)あいだに、約500万人の女性ががんを「根絶する」ためにこの手術を受けた。(中略)多くが永久に外見を損ねられ(中略)多くがその責め苦を果敢に耐えた。 上巻p302
がんの正体は、細胞分裂の暴走であり、そのメカニズムは
がんがヒトのゲノムに縫い込まれている 下巻p324
ということを、最近やっと知ることができた。

がんの全体像を知ることについて、大変秀でた書物。


米国のがん根絶キャンペーンとして偶像化された、ジミー = エイナル・グスタフソンの物語が上巻で紹介され、下巻でその本人が名乗り出るところは、思わず姿勢を正して読んだ。


上巻p27~28で、
エドモンド・フォードが、蛾の毛の色のわずかの変化(中略)と捕食する鳥による自然淘汰
のことを記しているが、これはオオシモフリエダシャクの観察例として、「工業暗化」という項目でウィキペディアにある。

換気扇の清掃

f:id:fourvalley:20190820103741j:plain

久しぶりに台所換気扇清掃をしようと思ったが、ファンが取れない。
市販品で「ギヤプーラ」なるものがあるが、対角掴みか、三角掴みで、ファンの5角形には対応しない。

f:id:fourvalley:20190820103813j:plain

ファンの既存穴を利用して4×50のネジをこちら向きに立てて、手持ちの何かの台座にネジに対向して穿孔し、中央部の軸を押す特殊工具を製作した。

f:id:fourvalley:20190820103845j:plain

一旦取れれば、後は今まで通りの清掃。

f:id:fourvalley:20190820103912j:plain



ロケットガールの誕生

-コンピューターになった女性たち-
著:ナタリア・ホルト
訳:秋山文野
地人書館(2018.4)
ISBN:978-4-8052-0923-3
「コンピューター」という用語は、
生きているほうと電気で動くほうp276
の二通りがあり、「生きているほう」の計算手のことを「コンピューター」と称したほうが、語源的には早い。

最初、本書の表題を見たときには、
1960年代にマーキュリー計画と米国初の有人宇宙飛行を支えたNASAラングレー研究所の黒人女性コンピューターを描いた映画『ドリーム』p395
の原作か、とも思ったが、全く違う著者オリジナル作品だった。

映画作品とは違い、カリフォルニア工科大学ジェット推進研究所(JPL)において、衛星軌道計算に携わった女性が多くいたことを、多くの資料・面接取材から紹介した本。

米国の宇宙探査計画の歴史と社会的歴史さらに「電気で動くほうのコンピュータ」の進歩の歴史に加え女性が会社社会において認められる歴史も織り込み、折々の探査衛星の軌道計算に彼女達の優れた能力が(無名のまま)発揮されてきたことを詳細に語る。

当時米国と覇権を争ったソ連では、「衛星軌道計算」は誰がどのように、していたのだろう。

剛性確保

f:id:fourvalley:20190817071636j:plain

2019.08/09に設置した天津スダレだが、スダレ巻上器を取り付けた上部桟の強度が弱く、上げ下ろし使用により、曲がり変形してきた。
桟自体の剛性が不足しているので、当該部に補強材を付加した。
材料は、以前ばらした洗濯ピンチに使用されていたアルミ製構造材。
なんでも捨てずに持っておくことは、(手持ち材料として即用できるので)良いことか、(ガラクタ集積となり)悪いことか・・・

〔ダイジェスト版〕オリバー・ストーンの「アメリカ史」講義

著:オリバー・ストーン、ピーター・カズニック
訳:夏目 大
ISBN:9784152096272
早川書房(2016/07/22)
以前、NHK-BS1BS世界のドキュメンタリーで、「オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史」を見た。
本書の内容は、ほぼその内容に準じている。
書中、キューバ危機の中で「核戦争を食い止めた男」が紹介されている。
1962年10月27日、潜水艦を探知した空母ランドルフはそれを追跡し(中略)水中爆雷の投下を開始した。ソ連の潜水艦が核兵器を装備していることは知らなかった。
潜水艦は爆発の衝撃で揺すぶられ(中略)艦内の気温は急上昇し、二酸化炭素が致死レベル近くまで上がり、乗員は呼吸困難で次々に気を失い(中略)そんな状況が4時間近く続いたのち、(中略)パニックが広がる。バレンチン・サビツキー艦長は、司令部への連絡を試みたものの、失敗に終わった。戦争がすでに始まったものと判断したサビツキーは(中略)核魚雷の発射準備を部下に命じた。(中略)艦内の二人の将校に意見を求め(中略)たうちの一人が政治将校ワシーリー・アルヒポフ(ヴァシーリイ・アルヒーポフ)だった(中略)
彼は、気持ちを鎮めて発射は中止すべきと艦長を説得した。この判断が、核戦争の勃発を寸前で防いだということになる。p287
ウィキペディアには、同様の偉人:スタニスラフ・ペトロフの項目もある。
この他にも、(有名ではないが、)同様のギリギリの瀬戸際で踏みこらえた名も無き人々が(おそらく)いらっしゃったことにより、今の我々が居る・・・ということに心をはせるべき、と思う。