書評

現代語訳 学問のすすめ

著:福澤 諭吉訳:齋藤 孝筑摩書房ちくま新書(2009/02)ISBN:9784480064707誰でも知っている、「学問のすすめ」紙幣に肖像が描かれる程の著名人が著したが、ほとんどの人が“読んだ事は無い”筈。 青空文庫では、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず…

天路の旅人

著:沢木耕太郎新潮社(2022/10)ISBN:9784103275237著者曰く「超人」:西川一三の「秘境西域八年の潜行」について、西川氏本人生前にインタビューし、本書でその旅を再構成した作品。ごく最近、木村肥佐生の同様本「チベット潜行十年」をグーグルマップで…

チベット潜行十年

著:木村肥佐生中公文庫(1982/07発売)ISBN:978412200943X 「秘境西域八年の潜行」の著者:西川一三も登場する太平洋戦争当時の大陸潜行記。当時は、「秘境」だったかも知れないが、現在グーグルマップで見ると、よほどの山岳地帯以外は、人家が立ち並び、…

宗教の起源

―私たちにはなぜ〈神〉が必要だったのか-著:ロビン・ダンバー訳:小田 哲白揚社(2023年/10月)ISBN:9784826902489 著者は、宗教について、時とともに共同体が拡大していくなかで生じた社会結合の問題に対して、共同体レベルで見いだした解決策(中略)で、…

物理用語事典

著:鈴木裕太監修:池末翔太ソシム(2023年9月)ISBN:9784802614306表紙に記された本書の内容説明:数式がないからスラスラ読める!世界で一番わかりやすい物理の入門書 棒人間を用いたイラストで物理学において重要なおよそ180の用語を解説している。 この種…

暗い夜空のパラドックスから宇宙を見る

著:谷口 義明岩波科学ライブラリー322岩波書店(2023/10)ISBN:9784000297226 「夜空が明るく輝かない 太陽が沈めば当たり前? 宇宙が有限だから? 膨張しているから?・・・ 意外なわけを確かめて真の宇宙の姿を手にしよう。」 本書は所謂「オルバースのパ…

ホモ・サピエンスの宗教史

―宗教は人類になにをもたらしたのか-著:竹沢 尚一郎中央公論新社 中公選書(2023/10)ISBN:9784121101433本書は、あの有名なユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」の宗教の起源とその歴史的変化についての記述に対して・強引さと飛躍に満ちている(p1…

ビジュアル・シンカーの脳

―「絵」で考える人々の世界-著:テンプル・グランディン訳:中尾 ゆかりNHK出版(2023/7)ISBN:9784140819425著者の本は、2020.10/14に「動物感覚」で、エピソードは2020.10/10にオリヴァー・サックスの「火星の人類学者」で取り上げている。また、HBOでも…

ドリフターズとその時代

著:笹山 敬輔文春新書ISBN:9784166613649軽い気持ちで読み始めたが、各メンバーの生い立ちから始まり、日本の喜劇:笑い、の時代性についても考察しているなかなか深い本であった。 「ザ・ドリフターズ」の土曜夜の「8時だョ!全員集合」では、歌舞伎の手…

アメリカ 自由と変革の軌跡

―建国からオバマ大統領誕生まで-著:デイビッド・ルー日本経済新聞出版本部(2009/01)ISBN:9784532166861著者は、米国籍ながら、本書は日本語で著されている。ジェームズタウンに始まる植民と建国、オバマ大統領に至るアメリカの歴史を語る。本書は、2008…

ブラッドランド

─ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実-著:ティモシー・スナイダー訳:布施 由紀子筑摩書房(2022/10)ISBN:9784480511447/9784480511454ヒトラーとスターリンの二人が及ぼした(悪)影響を最も強く受けた流血地帯:ブラッドランド・・・大虐殺、の実体を著した…

すべては1979年から始まった

―21世紀を方向づけた反逆者たち-著:クリスチャン・カリル訳:北川 知子草思社(2015/01)ISBN:9784794221025表題に「1979年」が入っているが、1970年頃から2000年を越える頃迄の・イラン・中国・アフガニスタン・英国・教皇ヨハネパウロ二世・ポーランド…

パール・ハーバー

―恥辱から超大国へ-著:クレイグ・ネルソン訳:平賀秀明白水社(2018.8)ISBN:9784560096468/9784560096475原著は、2016年。旧日本軍による突然の真珠湾攻撃。当時の秘密分を含む各種資料を基に、著者は公平な立場から急襲前から終戦後に至るまで、当事者の記…

11の国のアメリカ史

―分断と相克の400年-著:コリン・ウッダード訳:肥後本 芳男,金井 光太朗,野口 久美子,田宮 晴彦岩波書店(2017/10)ISBN:9784000220972/9784000220989アメリカ分断の起源はどこにあるのか?USAは、各州が集まった連邦国家である。本書は、その内部を11のネイ…

ウクライナから来た少女 ズラータ、16歳の日記

著:ズラータ・イヴァシコワ世界文化社(2022/10)ISBN:9784418225040ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ドニプロという都市から16歳の少女が日本に避難した。本書はその当事者のノンフィクション。偶々、日本語独習本を入手して、独学で学び中、突然のロシ…

アードルフ・ヒトラー

―ある独裁者の伝記-著:ハンス=ウルリヒ・ターマー訳:斉藤 寿雄法政大学出版局(2023/04)ISBN:9784588366109原著:2018年で、最新の研究成果を反映した伝記の決定版・・・という売り込みの本。その生涯を、徹底した自己演出と、部下を巧みに競わせる政治…

戦争の時代

著:半藤 一利 平凡社(2023/04)ISBN:9784582454611/9784582454628『昭和史 1926-1945』及び『昭和史 1926-1945』(全8巻)を近現代史学習の基本図書として上下巻に再編集した本。 歴史を学ぶためには、現代史から始めるのが理解の一番の近道・・・と言える。…

なぜ人はニセ科学を信じるのか

〈1〉奇妙な論理が蔓延するとき〈2〉歪曲をたくらむ人々著:マイクル・シャーマー訳:岡田 靖史早川文庫(2003/08発売)ISBN:9784150502805/9784150502812著者名について、本書では「マイクル・シャーマー」となっているが、ウィキペディアでは「マイケル…

東と西の宇宙観 西洋篇

著:荒川 紘紀伊國屋書店(2005/10)ISBN:9784314009959 古代メソポタミア神話から西洋の宇宙観の変遷が説明される。筆者は中身を咀嚼できているのであろう、非常に内容は多岐にわたるが分かりやすい。 姉妹編では東洋編があるが、東洋では宇宙の創成・構造…

「地球の歩き方」の歩き方

著:山口 さやか/山口 誠新潮社(2009/11)ISBN:9784103202219表題は、【「地球の歩き方」の歩きし方】の方が適している、と思う。 1974年の夏休みに、ダイヤモンド・スチューデント・ツアー(DST)で約30日間、ヨーロッパ個人旅行をした。その時の旅行記は…

反穀物の人類史

―国家誕生のディープヒストリー-著:ジェームズ・C・スコット訳:立木 勝みすず書房(2019.12)ISBN:9784622088653原題:Against the grain 2017著者は「ホモ・サピエンスは、農耕生活を待ちかねたように腰を落ち着けて永住し、数十万年におよぶ移動生活を喜…

この世界を知るための 人類と科学の400万年史

著:レナード・ムロディナウ訳:水谷 淳河出書房新社(2016/05)ISBN:9784309253473人類が直立し歴史を刻み始めると、世界を認識し、何故?と問うようになる。一方は宗教に行くが、もう片方は科学の道に進む。古代、力を持っていたのは直感的なアリストテレス…

「第二の不可能」を追え!

―理論物理学者、ありえない物質を求めてカムチャツカへ-著:ポール・J・スタインハート訳:斉藤隆央みすず書房(2020年9月)ISBN:9784622089346著者は理論物理学者で、主な研究は宇宙論と物性物理学。・宇宙論では、インフレーション理論・物性物理学では、準…

現代の冒険

著:クリス・ボニントン訳:田口 二郎/中村 輝子岩波書店(1987年)ISBN:4000006002/4000006010著者は、プロの登山家・探検家・ジャーナリスト。ウィキペディアの著者近影はお年をお召しになった姿だが、本書では1981年当時の若々しい笑顔である。上巻:山・…

エデュケーション

─大学は私の人生を変えた-著:タラ・ウェストーバー訳:村井 理子ハヤカワ文庫(2020/11)ISBN:9784152099464 天才と〇〇は紙一重・・・といわれるが、その格言を思い出した。同調圧力が強い日本では、ここまで極端な生き方は許されないと思われる。 父は、後…

JFK

―「アメリカの世紀」の新星-著:フレドリック・ロゲヴァル訳:高月 園子 白水社(2023/01)ISBN:9784560094792/9784560094877 ピュリツァー賞受賞の歴史家が、ジョン・F・ケネディの出自から上院議員になるまでの39年間を濃密に描いた評伝の決定版。 これま…

ビートルズ

―創造の多面体-著:高山博アルテスパブリッシング(2022年11月)ISBN:9784865592665聞くところによると「ビートルズ本」は、20本以上著されているらしい。参考文献が増えれば増えるほど、情報が洗練されて、誤った内容が訂正される。が、新しい解釈はされにく…

科学はなぜわかりにくいのか

―現代科学の方法論を理解する-著:吉田伸夫 科学評論社 知の扉シリーズISBN:9784774196503著者がかつて大学講義で採り上げた「恐竜絶滅の小惑星絶滅説」を骨格に、「科学を方法論として捉え、その手法を具体的な論文に基づいて解説する」ことを目的とした本…

世界「民族」全史

―衝突と融合の人類5000年史-著:宇山卓栄日本実業出版社(2023.01)ISBN:9784534059772最近の遺伝子解析の研究結果により、「Y染色体ハプログループ」:男系継承の遺伝子グループの分析が公開されてきたことから、「ミトコンドリアDNA」:女系継承の遺伝子グ…

ネアンデルタール

著:レベッカ・ウラッグ・サイクス訳:野中 香方子筑摩書房(2022/10)ISBN:9784480860941ネアンデルタール人は、四万年前に姿を消した。(p571)あなたがラスコーの壁にオーカーが塗られた時代(1万5千年前)までの二倍の年月をさかのぼれば、最後のネアンデルタ…